三國屋について

三國屋の歴史

その昔、瀬戸内流通の要であった広島からは、多くの物資が大阪へと送られておりました。

中でも江戸に継ぎ歴史ある海苔漁場であった広島の、質のよい海苔は大変もてはやされたと伝えられております。

そんな広島の街で、地元でも有数の網元を営む三村増太郎が大正7年に三國屋の前身となる海苔や海産物の荷受け会社「東洋水産」を起こしました。

昭和24年、息子の三村義人は父の海苔への熱き思いを引き継ぎ、海苔加工場をつくります。
ブランド名を「藝州 三國屋」として味付加工した広島産海苔を全国に広めました。
昭和39年に「株式会社三國屋」として法人化しました。

三國屋

太平洋戦争の後、海岸埋め立てにより江戸時代から続いた広島海苔漁場は姿を消しましたが、その活気と海苔への思い入れは今もなお三國屋に息づいております。
扱う海苔は仕入れ人が全国の産地に赴き、一般のお客様だけでなく、食の職人の細かいこだわりにも応えられる質の高い原料を仕入れております。

色艶、香り、味、様々な条件を満たした海苔を使い、海苔質に合った焼加減で丁寧に焼き上げた焼きのり。
瀬戸内産干えびなど厳選素材を煮込んだ秘伝の味だれを使った味付け海苔。
本当に海苔が好きな人に食べてもらいたい「海苔」、それが三國屋の海苔です。

海苔の仕入れ

自然の産物である海苔は、気候や風土の影響を多分に受けます。
産地や摘み取り時期によっても、またその年々によっても質が異なるのが、難しくもあり面白くもあるところです。
有明海
海苔の採れる秋から冬にかけて、私たちは全国の浜をまわり、さまざまな特徴ある海苔の中から、三國屋が求める “美しい色艶と上品な甘み、口の中でほどけていく食感” となる乾海苔を見極め仕入れます。
海苔 漁場

海苔の加工

工場は、広島の安芸太田町という森林が多く空気の綺麗な環境のよい場所にあります。作業員はエアーシャワーで除菌した後にクリーンルームで作業し、金属探知機、異物検出器など最新の装置を使い安全管理には注意をはらっております。
吟味して仕入れた乾海苔は、劣化しないようマイナス20度の冷凍庫の中で加工の時を待ちます。

三國屋 海苔加工工場

三國屋 工場 クリーンルーム
クリーンルーム
三國屋 工場 金属探知機
金属探知機
三國屋 工場 冷凍庫
冷凍庫
三國屋 工場 味付調味室
味付調味室

産地ごとの海苔質の風味を活かす焼海苔

「焼海苔」はそれぞれの海苔質に合わせて職人が香ばしく焼き、 焼きたての香りを閉じ込めるよう、すぐに袋詰めします。
九州の有明海、四国の徳島、愛知三河湾、千葉など、産地によって 全く風味が異なるので、食べ比べていただくと本当に面白いと思います。

出汁と海苔の風味が調和した味付海苔

また「味付海苔」にもこだわりがあります。
自社で炊き出す調味液は、化学調味料に頼らず、鰹節や昆布や椎茸、みりんなど 厳選した材料を使い丁寧に作ることで、優しいながらも奥行きのある味わいに仕上げています。出汁と海苔の風味が調和した味付け海苔は、三國屋ならではと自負しております。

多くの料理人に認められる、上質な海苔

日本では年間約70億枚の海苔が漁師さんによって収穫され一次加工されます。そのなかのごくわずかな超上質海苔を各地の漁連で開催される乾海苔入札会で仕入れます。

その海苔は寿司職人など多くの料理人に認められ、家庭用海苔も全国の高級食材店で販売されています。

三國屋

さて、三國屋の海苔は、常に定価で販売をさせていただいいております。
海苔を育てる生産者、加工販売者、商品をお客様へと手渡す小売店。
志を同じくするもの同士がパートナーシップを結び、互いの共存共栄に努めることが、未来の“おいしい海苔のある食卓”を守ることにつながると信じています。